【ガリガリ男子あるある】食べても太らない体質・・・受け入れるのもひとつ!?

私は38歳の男性です。身長は170cmで体重は51㎏です。いわゆる「ガリガリ体型」です。

私の痩せすぎていたために体験した嫌なことを紹介していきます。

私は小さい頃から痩せていて、たくさんご飯を食べても全く太らない体質です。

嫌なことは、中学生の時に野球をやっていて痩せていたせいでレギュラーになれませんでした。なぜ、レギュラーになれなかったといいますと、痩せているために、周りから体力がない、パワーがないと見られてしまっていたからです。確かにパワーに自信があったかといえば、そうではありませんでしたが、体格がいい野球部と同じくらいのパワーはあったと思います。しかし、「痩せている」という理由で、レギュラーは無理と言われてしまったのです。

当時は、本当に納得がいかず大変悔しい思いをしました。

大人になってからも、痩せている体型によってたびたび体力面で悪いイメージを持たれました。就職活動をしているときに、いつも面接官から「体力は大丈夫か」と聞かれてしまうのです。「体力は大丈夫ですよ」と面接官に伝えても、なかなか信じてもらえなくて不採用になってしまうこともありました。

他にも、恋愛面でもこのガリガリ体型がハンデとなることがありました。

「痩せている人は苦手」と言われてしまい付き合うことができなかったことがあります。

私としては、外見だけではなく、内面とか他の部分をきちんと見て評価してもらえないことがもの凄く歯がゆかったです。だから、何とかこの体型を改善しようと努力もしました。でも、食べているのに太らないという体質だからか、ぜんぜんうまくいきませんでした。

だから、まずは痩せているのを受け入れることにしました。どうにもならないことにネガティブになるよりは、受け入れてしまい、そこからスタートする方が良いと思ったからです。

恋愛では、「痩せているのが嫌」という女性とは付き合うのはやめることにしました。今では結婚もできて幸せに暮らしています。痩せていて就職の面接も苦戦しましたが、痩せていることを気にしない会社に就職できて仕事を楽しくさせてもらっています。

痩せていると、やはりパワーがなくてスポーツとかでは不利でしたが、考え方をかえて、技術でスポーツをすることにしました。パワーがないのを技術で補うようにしました。野球はたまにバッティングセンターに行きますが、野球が上手い友人に聞いて、バッティングのフォームを改造してボールを遠くに飛ばせるようになりました。

このように私みたいに痩せていて困った方は多数いると思いますが、痩せていても楽しく人生を楽しめるように、考え方をまずは変えてみることも解決策となるのではないでしょうか。考え方を変えることで、行動が変わります。変に無理せずにありのままの自分で楽しめる方法を考えることも大切だと思います。

世の中には、私のような痩せ体型とは逆に、太っているせいで人生が楽しめないという人も多数います。でも痩せていようが太っていようが、考え方次第で人生を楽しくするようにできるはずです。

ただし、痩せすぎや太りすぎで病気だけにはならないように健康診断は受けた方がいいですね。健康診断で異常がなければ痩せていても大丈夫ですので、そのままの自分でも人生を楽しむようにしてくださいね。

(38歳・男性・介護福祉士)

【あわせて読みたいおすすめ記事】

【悲劇】ガリガリ男子が海水浴中に初対面の女子から受けた衝撃の行動

「ガイコツ」と呼ばれたガリガリ男子の僕が人気のモデル体型ハーフ顔女子に告白した結果・・・

スポンサーリンク