【ガリガリあるある】体育の水泳の授業は欠席-後輩にも女子にもナメられる痩せた体

私は学生時代とてもガリガリで良い事がほとんどありませんでした。小学生の時は、少食ということもあってほとんど太りませんでした。身長も小さかったので、チビでガリガリというとても弱そうな風貌でした。

そのせいで、私は周りの人からよくナメられていました。下級生からも風貌がガリガリのせいで弱そうに見えたのか、よくタメ口を聞かれていました。周りの体がしっかりしている同級生の男子は、やはり威圧感があったので下級生にナメられませんでした。私はナメられたのでショックでした。

給食の時間には先生に、

「○○君はガリガリだからしっかり食べなさい」

と言われたりもしました。なので私は給食の時がとても嫌でした。ただでさせ少食なのに、先生は私が給食をキチンと食べるかを注視してくるので、嫌いな野菜なども無理矢理食べるしか無かったのです。なので給食の時は、嫌いなメニューもたくさん食べるようにしていました。

しかし、いくら食べても体がガリガリの人っていますよね。大食いの人なのに体ガリガリな人っていますよね。まさに私がそのタイプだったのです。

少食なのは少食なのですけど、太りやすい焼肉やポテトチップスやアイスクリームなど結構食べていました。しかし全然太りませんでした。これは太りにくい体質なのだと感じたので、太ることは諦めました。

中学に入っても、あいかわらずガリガリでした。小学生の頃よりはゴハンもたくさん食べるようになりましたが、全然太ることはありませんでした。

ガリガリを見せたくないので、私は体育の授業の水泳の時は休んでいました。ガリガリの姿を好きな女子に見せると引かれてしまうと感じたので、水泳の授業は出る事が出来ませんでした。

そして身体検査の時も凄く嫌でした。男子は服を脱いで上半身裸で身長や体重を測ったりするのですが、その時にガリガリの姿をクラスに男子に見られるのはとても嫌でした。

あるクラスメイトには「○○君ちゃんと食事してる?腕、物凄く細いよ」と気を使われました。確かに半袖になると腕が見えますが、他の友人よりも明らかに腕が細いんです。ただ、そのくせ、太ももは誰よりも太いという変なギャップがありました。

高校生や大学生になっても、ずっとガリガリな体型のままでした。

しかし転機がやってきました。

大学を卒業した年に、私は家で公務員の勉強をし始めました。その頃は、勉強ばかりで全く動きませんでした。そして深夜にごはんをバクバク食べる生活をしていました。そんな生活をしていたら、体重が10キロも増えました。年齢も重ねて代謝が悪くなってきたこともあるのでしょうか。

やっとで太ることは出来ましたが、逆に、家族には「太りすぎ!痩せたほうが良いよ」と言われて複雑な心境です。試験がうまくいったら、今度は筋トレをして、見せられる体をつくりたいと思います。

(29歳・男性・無職(公務員試験勉強中))

【あわせて読みたいおすすめ記事】

【悲劇】ガリガリ男子が海水浴中に初対面の女子から受けた衝撃の行動

「ガイコツ」と呼ばれたガリガリ男子の僕が人気のモデル体型ハーフ顔女子に告白した結果・・・

スポンサーリンク