マズくて飲めないプロテイン・飲むと下痢になるプロテイン

【プロテイン体験談:読者からの投稿記事】

■細マッチョになるため、筋トレのお供にプロテイン

プロテインを使い始めた目的は、減量も兼ねて細マッチョになる為。体脂肪率が増えてきたのと筋力の衰えを感じたので、筋トレを始めようと決意しました。筋トレをするならば、プロテインでしっかりとタンパク質を摂ろうと思って使い始めました。

 

ただ、プロテインにお金を掛けるのも嫌だったので、ネットで一番安い『バニラ味のソイプロテイン1kg』というのを購入してみました。

 

■プロテイン、何で溶かす?マズくて無理して飲まないといけない!?

筋トレ後に飲もうと思ったのですが、プロテインと水を一緒に入れて振っても全然プロテインが溶けない。15分以上振っても全く溶けない。

 

仕方が無いのでそのまま飲んでみると、思った以上に溶けていなくて薄く白く濁った液体から、3mm位の塊となったプロテインが、次々と口になだれ混んでくる。大きさの異なる柔らかい塊が口の中に入ってくる感触、口の中で塊が崩れて粉となったものが歯にまとわりつく不快感、もの凄く薄めた豆乳のような味、筋トレで疲れて息が上がった状態とが相まって気持ち悪くなり、直ぐにシンクに吐き出しました。

 

1回でプロテインを飲むのが嫌になりました。

 

とはいえ、せっかく買ったものだから、使い切らないと勿体ないので後日、牛乳やオレンジジュースなどと、そのプロテインを混ぜて美味しく飲む方法を試行錯誤してみました。しかし、牛乳やオレンジジュースと一緒に入れても泡立つばかりでプロテインが溶けないのは変わらず、筋トレ後にプロテインを鼻を摘みながら飲むのが習慣となりました。

 

結局そのプロテインは半分も使い切らずに捨てました。安価の物を選んでしまったばかりに水に溶けにくい、味も美味しくないプロテインにあたり、別のプロテインを買いなおす羽目となり、高い買い物となりました。

 

この失敗から、プロテインを選ぶにあたっては、コスパを優先するよりも飲みやすさを重視すると良い事と、プロテインを溶かすにはコツがいることを学びました。

 

■おいしく飲めるプロテインに出会ったけど・・・

後日に買い直した『ココア味のプロテイン』は牛乳と混ぜることでしっかりと溶けて、美味しく飲めたのですが、プロテインを飲んだ3日後にお腹をこわしてしまいました。飲むと下痢になるので仕事にも集中できず、食欲も湧かずで体重は減っていきましたが、目的としていた細マッチョとはほど遠い体型となり、筋トレをするのもプロテインを飲むのも辞めてしまいました。

 

プロテインを飲む度にお腹を壊すので、買い直した分も結局捨て『お金は失う、胃腸は荒れる、不健康に痩せる』の三重苦でした。二度とプロテインなんか購入しようと思わないほどのトラウマを植え付けられる事となりました。

(25歳・男性・公共施設事務)

タイトルとURLをコピーしました