【ガリガリ男子あるある】女子に羨ましがられる痩せ体型こそ苦痛の原因

全ガリガリ男子細マッチョ男子化計画

■「ウエスト何センチ?」「ご飯ちゃんと食べてる?」「病気?」

私はかなり痩せているため、はじめて会う人や久々に再会した人などに体のことをつっこまれます。女性の場合はたいてい、「すごい細いね」、「ウエスト何センチ?」、「ご飯ちゃんと食べてる?」等が定番で聞かれます。

女性からはかなり羨ましがられるのですが、自分としてはこの体型にそこまで自信をもっているわけでもないですし、女性の体型に触れるのも失礼なので、毎回なんて返していいのか返答に困っています。

ここ2~3年で顔の頬も以前に比べてこけてきたため、久々にあった人には「病気じゃないの?」と心配されます。それも結局仕事が忙しくて少し痩せてしまっただけなので、毎回説明しないといけません。

■やっぱり定番、ガリガリ男子の服装問題

服装に関しても結構困ることが多いです。上半身は肩幅が結構あるのですが、ウエストが細いためシャツなどのきっちりしたものはサイズ感が難しいです。トップスは意外とごまかせるのですが、パンツは本当に困ります。

私はジャストのサイズが27インチなのですがデニムなども28インチからの作りのブランドも多くてきっちり履こうとするとなかなか見つかりません。デザインは気に入ったけどサイズで断念するパターンも多いです。なので、基本はウエストが緩いのを無理やりベルトで締めて履いています。

■夏の冷房は地獄-ガリガリ男子は女子と同じく冷え性!?

普段の生活面でもこの体系で苦労することが多々出ます。

まず体に肉があまりついていないので以上に寒がりです。そのうえ末端冷え性なのですぐに手足も冷えます。冬はまだどっちにしろ着こみますし、今だとヒートテック系のアイテムもたくさんあるのでましですが、問題は夏です。

外は暑いのに電車や、コンビニ、スーパーといった室内は冷房がガンガンに効いている場所も多いので、すぐに寒くなってしまいます。なので基本夏は上着を一枚カバンに必ず入れて持ち歩いています。ほんと女性みたいです。

■ガリガリ体型だから困ること

あとは椅子に座っているとお尻がすぐに痛くなってしまいます。骨が刺さる感じというか、同じ体勢で長い時間座っていられないのです。特に飲食店などで、椅子がクッションの効いているフカフカのものならいいのですが、木の硬いやつとかだとかなり痛くて厳しいです。

温泉や銭湯も好きでよく行くのですが、湯船に首まで浸かってしまうと呼吸が苦しくなります。肺が圧迫されている感覚というか呼吸がしづらいです。長時間湯船につかっていて気持ち悪くなることもたまにあります。

腰痛も私は持っていて日によって違いますが痛みがひどい日は仕事も何も集中できなくなります。知り合いの整体師に方にたまに施術してもらっているのですが、体の骨格の割りに筋肉量が足りていないらしく、もっと筋肉をつけた方がいいと言われました。

最近は筋トレも始めたのですが、食べる量もそんなに多くないためまだ筋肉がついた実感がなく、体質にも変化は現れていません。

これまでずっとガリガリ体型だったから、私にとってこれらのことは日常ではありますが、でもそれが少しでもなくなるのであれば、その方が良いに決まっています。体重を増やして、筋肉を増やすことで少しでも良くなるのであれば、成果が出るまで続けてみようと思っています。

(29歳・男性・販売業)

【あわせて読みたいおすすめ記事】

【悲劇】ガリガリ男子が海水浴中に初対面の女子から受けた衝撃の行動

「ガイコツ」と呼ばれたガリガリ男子の僕が人気のモデル体型ハーフ顔女子に告白した結果・・・

スポンサーリンク