ガリガリだから頼りない!?婚約者の母親からの痛烈なひと言に涙。

全ガリガリ男子細マッチョ男子化計画

■婚約者の母親からの痛烈なひと言

10年ほど前までは、ガリガリで痩せすぎでいた私は、身長173センチ、体重は55キロ程度でした。妻の母親に初めてご挨拶に伺った際に、「すごく痩せてますね」ということを言われるほど。「そうでもないんですよ」などと言って否定をしていましたが、しばらく、話をしていて気を許した頃に妻の母親に、「軽く蹴ったら飛んで言ってしまいそうなくらい細い人ね」と、冗談を言われました。

もちろん、妻の母親からするとほんの冗談のつもりだったんだろうと思いますが、私は正直なところ、これから結婚のお許しをいただく予定だった手前、痩せていることをことさら強調されると頼りないと言われているようで、なんだか後ろめたいような、申し訳ないような気分になってしまい、かなり落ち込んでしまいました。

■痩せの大食い

私は学生時代からその頃まで、「大食いだ」と言うと意外だと言われ、「風が吹いたら飛んでいきそうだ」とか、「スポーツをしている」と言えば、「意外だ」と言われ、痩せすぎの人というイメージを学校の友達や職場の仲間に持たれてきました。

でも、それは冗談で大袈裟に揶揄されている面もあるのかと内心思っていたのですが、初対面の妻の母親に言われたことは、揶揄でも何でもなく、ただただ事実を言ったのだろうと思うと、正直コンプレックスという傷をえぐられたような辛さがありました。

昔から痩せていて、太った経験がない私は、同年代の平均的な体に比べると筋肉量が少ないのか、色々なトレーニングをしても筋肉が付きにくい体のようで、学生時代などはそれなりに運動をしていたつもりなのですが、なかなか筋肉が付かずに苦労をしていました。

また、色が白いことも相まって軟弱に見えてしまう傾向があると自覚しています。改善点としては、まず運動をして体の筋肉を大きくしていくことが何よりも大切だと思います。とくに胸の筋肉をつけるとより効果的に体を大きく見せることができるようです。実際に街中に歩く人々を見ていると、胸板が薄い人は軟弱に見える気がします。なので、腕や腹よりもまず胸を鍛えて体を大きく見せることが得策だと思います。

さらに、直接痩せているかどうかと関係はないのですが、肌の白さもとても大切です。色の白い痩せた男は、それだけで一見して弱そうに、小さそうに見えてしまうものです。

■ミドルエイジで代謝が落ちれば太るけど…

今では、中年太りもあり、痩せすぎと言われることは減りました。なるべく日焼けもして健康的にみえる体づくりを心がけています。もちろん筋トレも続けて大きな体を作る努力は今でも欠かせません。

経験上、中年になれば、代謝が落ちて太りやすく(痩せにくく)なるというのは本当だと思います。とはいえ、現在進行形でガリガリ体型に悩んでいる人には、それは何の意味もない解決方法です。でも、どうしようもない体質的な問題もあるようなので、まずは自分の体の特徴をつかむことが大切だと思います。

(43歳・男性・会社員)

【あわせて読みたいおすすめ記事】

【悲劇】ガリガリ男子が海水浴中に初対面の女子から受けた衝撃の行動

「ガイコツ」と呼ばれたガリガリ男子の僕が人気のモデル体型ハーフ顔女子に告白した結果・・・

スポンサーリンク