ダイエット目的の筋トレがいつしかエスカレートして・・・

全ガリガリ男子細マッチョ男子化計画

■ダイエット目的ではじめたトレーニング

週3日~5日、ジムに通いウエイトトレーニングをしています。3年ほど前からボディビルの大会にも出場しています。トレーニング歴は8年で、始めたきっかけは当時65㎏だった体重が不規則な生活により70㎏を超え、下腹が膨らんだいわゆるおやじ体型になってしまい、その体型を改善したいと思った事でした。

初めて通ったジムはプールとサウナがついているフィットネスクラブでした。通い出してすぐに体重が2㎏落ちました。今まで何も運動をしてなかったので、当然といえば当然なのですが、変化していく自分にモチベーションがあがり、ほぼ毎日通いエアロバイクを漕ぎまくり、有酸素運動を続けていました。

しかし、3㎏くらい体重が落ちたところで停滞して、頑張ってエアロバイクを漕いだ割には成果に乏しくなってきたのです。そこで筋トレ(無酸素運動)をしてからエアロバイク(有酸素運動)をするとダイエットに効果的という雑誌の記事を目にし、さっそく次の日からマシーンによる筋トレをし、その後エアロバイクを漕ぐという内容にしました。すると停滞していた体重が、気が付くと更に2㎏、ダイエット開始から計5㎏の減量に成功しました。当初の目的であった体型の改善もほぼ達成しました。

■より筋肉質なカラダを求めて

しかしながら、人間とは面白いもので、そうなると欲が出るんですね。痩せただけではもの足らず、もっと筋肉質になりたいと次の目標が現れました。

ジムの筋トレゾーンにはマシーンとフリーウエイトがあるのですが、それまではフリーウエイトは怪我をしそうだし、上級者がやるものだと思って敬遠していました。しかし、ジムでみる筋肉質の人たちはみんなベンチプレスなどのフリーウエイト種目を好んで行っていました。

自分の目標である身体を手に入れるにはフリーウエイトが必須であると確信し、次の日にはそのフイットネスクラブからガチンコのフリーウェイトジムに移籍しました。そこには今まで見たことのないようなムキムキのマッチョ、映画でしか見たことがないような肉体の人が多数いました。類は友を呼ぶではないですが、なりたい自分になるにはなりたいと思える人に出会う事が重要だと思いました。

目標をクリアし、次々に新しい目標に向かって励んでいる日々に充実感を得られている毎日を過ごしています。また、近年は大会にも出場し選手としての仲間も全国に出来、同じ目標を持っている同志として互いに高めあう事に誇りを感じています。

もともとはダイエット目的の軽い気持ちで始めたトレーニングでしたが、筋トレからボディービルにいたるまでエスカレートしてしまいました。それは、時に辛く感じるハードなトレーニングも、体が鍛えられると同時に精神的にも鍛えられるので、一つひとつ目標をクリアしていくことが楽しく感じられるようになったからでもあると思います。

経験上、見た目が変わることにより内面も変わり、自身が持てるようにもなり、性格的にも明るくなると思います。だから、今、とても充実した、楽しい日々を過ごすことができています。また、肉体改造を進めて行くには解剖学や栄養学の知識も知っておいた方が良いのですが、そういう知識も将来に渡っての健康維持に必ず役立つものです。

ボディービルというところまではトレーニングを進めていかないにしても、筋肉質な体は日々を楽しく、充実した状態で過ごすには必要なものです。何となく体を動かさなきゃと考えている人、運動不足を時間している人にはぜひ筋トレをして頂きたいですね。やり始めはとても億劫ですし、筋肉痛も辛いかもしれませんが、ぜひ「よし、やってみよう」と最初の一歩をふみ出してみて下さい。今とは確実に違う生活が待っているはずです。

(39歳・男性・土木建設作業員)

スポンサーリンク