夏に向けて脱げる体を作れ!-冬眠ボディーに喝を入れろ!

■無料メルマガ講座

太りたいガリガリ男子が細マッチョ男子になった方法

全ガリガリ男子細マッチョ男子化計画

【脱ガリボディー】薄着・半袖になる季節はもうすぐ!

新年度・新学期をむかえ、陽気も温かく過ごしやすくなってきた。
ガリガリ男子諸君、冬の間のボディーメンテナンスはどうだっただろうか。
寒さにも負けず、たんたんと必要な筋トレ、食事管理をしてきただろうか。

一般的な男子であれば、もしかしたら冬の間に脂肪がついてふっくら冬眠ボディーになっているのかもしれない。

いずれにしろ、もう寒くて体を動かしたくない、という状況ではないはずだ。

冬の間にトレーニングを続けてきた男子も、サボってしまっていた男子も、いよいよ夏に向けて本格的に筋トレ、食事管理をはじめとしたトレーニングをしていこう。なにせ、ガリガリ男子にとって1年のうちでけっこう厄介な季節である、がもう間もなく到来するのだ。学生であれば7月あたりの夏休み、社会人であっても、クールビズなど薄着になるシーズンは、案外すぐやってくる。
本格的に「見た目」を変えるためのトレーニングとなると、成果が出るまでに最低でも1~2ヶ月、概ね3ヶ月程度は見ておく必要があるだろう。

これを機に本格的に肉体改造・体質改善をしようと思うのであれば、この夏を何とかやり過ごすという消極的な方法ではなく、じっくりと自分の体と向き合い、地道なトレーニングを積み重ねていってほしい。そうであれば、3ヶ月程度のトレーニングは、肉体改造・体質改善のスタートラインに過ぎない。

となれば、今からすぐに始めて夏本番を迎える頃には、

「あれ?なんか最近雰囲気変わったよね!?」
「なんか体ガッシリしてきた!?」
「腕、ちょっと太くなった!?」

と、ガリガリ男子憧れのコメントを周囲の人たちに言わせよう。

※ハードなトレーニングに心が折れてしまいそうな人が試すべき1品とは…!?

筋トレの成果が出にくいあなたがやるべきこと―ガリガリ男子もふくよかメタボ男子も必見!

無理なトレーニングはNGだが、きちんと努力はすべし!

とはいえ、冬の間になまった体を急に動かすのも危険な場合がある。

そもそも、筋トレはしていても、なかなか負荷を上げられず成果が出にくいガリガリ男子諸君もいることだろう。冬の間に脂肪を蓄えすぎて、ダイエットが必要なふくよか男子もその点は同じかもしれない。

僕自身がかつてガリガリ男子であったから、痛いほどよく分かる。
(ふくよかメタボ男子の気持ちは残念ながらあまりわかりません(>_<))

だからといって、僕は安易に道具やサプリなどに頼ることは勧めない。

成果は出にくくても、きちんと自分のことを知り、自分の体をケアすることに意味があると思っているからだ。

「自分では何一つ努力をせずに理想的な体を手に入れる」

もちろん、それはそれで良いのかもしれない。

でも、僕自信は、そうしたトレーニングやボディーメイクは長続きしないと思っている。

僕の周囲にいるメタボ男子は、ダイエットを試みて、一時的に成功しても、すぐにまたリバウンドをしている。急なトレーニングや食事制限をして、一時的に無理矢理体重(という数字だけ)変化させているに過ぎないからだ。

だから、回りくどいかもしれないし、あえてそんな厳しい道を選びたくないという人が多いのかもしれないが、僕は以下の記事に記したような【ガリガリ男子が健康的に太るためのゴールデンルール】を提唱している。本記事の続きとともにぜひお読み頂きたい。

太りたいガリガリ男子が健康的に太る方法【基本→応用:太るためのゴールデンルール】

ただし、自分の意識や努力を伴ったトレーニングを加速させ、より効果的・効率的に成果を出すためにツールを使用するのは大賛成だ。

サプリメントもしかり、ダンベルやバランスボール、ヨガマットなど、なければないでどうにでもなるかもしれないが、やはりある目的を持って作られた道具というのは、正しく使えば効果的なのだ。

同じようなトレーニングしていても、道具をしっかりと活用できている人とそうでない人では、やはり出てくる成果が全然ちがうものだ。

「何もしないで」「楽して」を真に受けるマインドは捨てよう!

ダイエットメタボ男子によくありがちなのが、「楽して痩せる」「何もしなくても痩せる」などのキャッチにつられ、高額なツールやサプリを購入するのだが、本当に運動をまったくしなかったり、暴飲暴食(的な不摂生な食生活)を一切変えることがない場合も少なくない。

もちろん、そんな状態で理想的な体になれるわけがない。

ガリガリ男子諸君も同じだ。

黙っていて体が理想的な見た目、体重になるなんてことはない!

いや、先にも言った通り、仮に新技術が開発されて、そういうことが起こったとしても、長続きはしない。きちんと自分を自分でコントロールできなければ、今とはちがう自分を手に入れることなんてできないのだ。

たとえなったとしても、くり返しになるが、そんなものは上辺だけの「ニセモノ」だから、すぐに元に戻るだけだ。

そうした自分の意識や行動を変化させない人ほど、せっかく購入した道具を正確に、本来の目的通りに使用ができないからこそ、成果が正しく出ないのだ。

ある意味で当たり前のことである。

僕自身もいくつか関連の商品(筋トレ器具・ウェア・サプリなど)を見たり、調べたり、購入したりしてきたが、レビューであまり良くない評価をしている人のコメントには、そうした「それって自分の問題では!?」と思わされしまうものの多い。

まず本気で体を知り、理想的な体を手に入れたいと思っているのであれば、そういった低いレベルのマインドは捨て去ろう!

※管理人グッチがおすすめするトレーニングの成果を倍速でGETするためのサプリメント情報

大がかりな道具や高額なサプリメントの前に試すべきもの

ジムに通う前に、サプリを試す前に意識すべきこと

体を鍛えようと思ったとき、多くの人は大がかりな筋トレの道具やジムに通うのが必要だと思ってしまうかもしれない。

あるいは、プロテインやサプリなど高額なものを導入すると良いと思ってしまっている人もいるかもしれない。

・・・が、ボディービルダーを目指していたり、スポーツをガチでやるためのトレーニングという場合でなければ、はじめからそんなに意気込む必要はない。

むしろ、これまでの生活を見直し、体を意識し、しっかりと意味のある「運動」「栄養」「睡眠(休養)」を生活の中に取り入れていくことこそ重要だ。

つまり、特別なトレーニングというよりは、日常の中にちょっとしたトレーニングを組み込むことを意識することが大事なのだ。

日常のなかに組み込むからこそ続けられるし、生活全体が活気づくことにもつながるのだ。

ガリガリ男子もメタボ男子も、まずは日常を変える、日常の生活を見直すというのが先決であるのは変わりない。

筋トレといっても、何もジムに行ったり、筋トレの時間をわざわざ取らなくてもできるのだ。

たとえば、通勤・通学の際に最寄り駅の一駅前で降りて、一駅分歩いてみたり、エスカレーターやエレベーターを極力使わないで階段を駆け上がってみるなどは、すぐに実践できて、しかもかなり効果的だ。

他にも、テレビを見ているとき、歯を磨いているとき、授業中や就業中にイスに座っている時、実は、ちょっと意識をすればかなり効果的な筋トレができるのだ。

そうした日常の中でのひと工夫が、あとあと大きな成果となって返ってくる。

もちろん、ジムにいって、マシンを使って、トレーナーが付いて、ガチでトレーニングしていくよりは成果は出にくい。

自宅での自重トレーニングであっても、特別に筋トレの時間をしっかり設けた方が、はっきりと成果が出てくるかもしれない。

しかし、それらも毎日ではなくても、週に2~3日、きっちりとトレーニングができてはじめて成果が出るのだ。つまり、続けられなければ意味がない。

その点、日常の動作を少し見直すのであれば、実にかんたんで、毎日のことであるから、ひとつひとつのトレーニング効果は小さくても、確実に積み重ねられる。まさに「継続は力」を地で行く戦法だ。

サプリや道具を使用する場合も、この日常の動作という点に注目したものを導入すると良い。

一見効果が低い、小さいと見られがちな日常のなかのトレーニングを地味に補強していくれるツールは、ハードなトレーニングが難しいガリガリ男子にとっては願ってもない代物だ。

これは、なまぐさメタボ男子にも共通だと思う。

意識していない時にこそ効果が見込めるものを使ってみる

日常の中に組み込めて、日常の中に組み込んだ筋トレを補強してくれるツールのひとつに、加圧シャツ(スーツ)がある。

加圧トレーニングというのも一時期相当流行っていたようだが、適度な圧力(負荷)をかけることで、トレーニングの効果を増強させるという効果が期待できるようだ。

加圧スーツも、いわゆる加圧トレーニングのためのものではないが、着用することで筋肉に適度な負荷をかけることができるため、同じくらいの動作でも、筋トレ効果を上げることを意図している。

こうしたツールは、ただ着ているだけでは、普通のシャツに比べて密着度、圧迫度が強いというだけで、たいした効果は望めないかもしれない。

実際に僕自身いくつかの加圧シャツを試してみたが、意外に耐久性がなく、たしかに体への密着度や圧迫度はあるものの、「着るだけで〇〇」というのは大いに疑問だ。

ただし、それを着用した上で筋トレをする、とか、日常のなかに意識的に組み込んだ筋トレ(階段駆け上がり、歯磨き中のスクワット・かかとあげなど)をすることは大いに効果が期待できる。

少なくとも僕自身はガチでトレーニングできないときは、加圧シャツを着用して通勤・通学をしていたから、その効果は実感している。

そして、何よりも僕にとって加圧シャツを試して良かったことは、

姿勢が良くなったこと

ガリガリ男子には胃下垂の人や筋力不足の人が多いため、猫背になりやすい人もいる。逆に猫背気味で胃腸が不調になり、結果ガリガリ体質になっているという人もいるかもしれない。

加圧スーツの場合、そもそも着用した時に筋肉を刺激し、負荷を与えるような織り込みがされているため、自然と良い姿勢を保てるようになる。

姿勢を正しく保つためにはインナーマッスルが鍛えられていることが不可欠だが、その意味で、加圧シャツは、もちろん見た目でわかる表面的な筋肉の増強もさることながら、きれいな姿勢を保ち、体幹を維持するインナーマッスルにも働きかけてくれているのだ。

筋肉質な見た目はもちろん理想的だが、ゴツゴツしたゴリマッチョ的な見た目の筋肉だけではなく、スッときれいな立ち姿、イスの座り方も、やはり目指したい理想のボディーだ。

管理人グッチがたどり着いた加圧シャツのこたえ

もしあなたが、少しでも筋トレや運動を意識的に行おうとしており、食事などにも目を向け、肉体改造・体質改善を目指そうとしているのなら、加圧シャツを着用してみることをおすすめする。

(※トレーニングを加速させるサプリメントについてはこちらをご覧いただきたい

何せ「着ているだけ」で良いのだ。

おいおい、さっきと矛盾したこと言っているじゃないか、と思われただろうか。

よく読んでほしい。

筋トレや運動を意識的に行おうとしており、食事などにも目を向け、肉体改造・体質改善を目指そうとしているのなら

という但し書きつきだ。

単に、文字通り「着ただけ」ではなく、日常の動作でもいいが、意識的にカラダを動かそうとしているのであれば、その動きに「着ているだけ」で負荷を強め、トレーニング効果をもたらしてくれるもの、それが「加圧シャツ」だ。

だから、本当に「着ているだけ」の人は、大した効果を得られないだろう。

実際に、商品のレビューなどで効果が薄いと記述している人には、よくよく見てみると「ただ着ただけ」という人がいる。

もちろん、世の中には「加圧シャツ」と一口にいってもたくさんの商品がある。なかには、名ばかりでたいした効果も期待できないようなものもあり、実際に着用してみない事には、その真偽は分からない部分も多い。

だから、僕自身が着用経験があり、なおかつ現在も使用しているものという限定付きで、いくつか参考までに、おすすめの加圧シャツについて最後に記したいと思う。

■TEKKIN(鉄筋)


TEKKIN 鉄筋シャツ

【特徴】

■加圧シャツの先駆け商品で、スパンデックスの割合が他の加圧シャツ製品よりも多い

鉄筋(TEKKIN)シャツの「効果・効能」に関しては、他の加圧シャツ製品と同様、

 上半身への加圧

 ウエスト引き締め効果

 背筋伸張機能(姿勢矯正)

などが挙げられている。

他の製品と比較すると、ゲルマ・チタン・ナノ銀成分が配合されており、「燃焼効果」と「防臭・消臭効果」が期待できるところは鉄筋(TEKKIN)シャツの利点。

これからの季節、しかも、毎日の着用となれば「防臭・消臭」はけっこう大事。

ただし、最近はお洗濯の際にお気に入りの香りの洗剤や仕上げ・柔軟剤などを使う人も多いので、この点、あってもなくてもそれほど気にならないかな、というのが正直なところ。

鉄筋(TEKKIN)シャツは着用し始めのときは、加圧感も比較的強いが、使用し続けると徐々に弱くなっていく。当然、インナーとして使用するため、生地はそれほど厚みはなく、その意味での耐久性はやや低めな感じだ。

ただし、加圧シャツ初心者で、とりあえず使ってみようという人には鉄筋(TEKKIN)シャツが良いかもしれない。

TEKKIN 鉄筋シャツの詳細はこちら

(参考)

スパンデックス(Spandex)はポリウレタン弾性繊維の一般名称である。Expand(伸びる)が語源で、伸縮性に極めて優れ、混紡率が低くても特性を失わないため、様々な繊維との組合せで使用される。

ブラジャーなどの下着から水着などスポーツウエアやスラックスなどのアウターへと用途を広げ自動車シートやメディカル分野まで幅広く使用されている。

(引用元:wikipedia

■MUSCLE PRESS(マッスルプレス)


筋力サポート加圧シャツ【MUSCLE PRESS(マッスルプレス)】

【特徴】

何といっても着心地は他の加圧シャツに比べてかなり良い。というよりも、締め付け感というよりも伸縮性の方が強い印象。だから本当に24時間着用しっぱなしができる。24時間というのは、「寝ている時」もということだ。

上半身への加圧・ウエスト引き締め効果・体幹トレーニング効果・姿勢矯正効果などの効果・効能については、その他の製品と比較して大きな違はない。

ただし、こうした加圧シャツはインナー(肌着)として日常的に着用するため、複数枚を持っておかなければ意味が半減する。MUSCLE PRESS(マッスルプレス)は「寝ている時」の着用にも適しているので、その意味でも使用するのであれば複数枚を持っておくことをおすすめする。

寝ている間は思った以上に汗をかいているのだ。間違っても寝ている時に着用していた加圧シャツでそのまま出社・登校はしていはいけない。これから暖かくなるシーズンは、特に、電車やバスのなかで君の汗臭をまき散らすことになってしまう。

多くの加圧シャツで複数枚セットの販売がされているのはそういう理由だ(と思っている)。

MUSCLE PRESS(マッスルプレス)は他の製品にはない「10枚セット」がある。加圧シャツは1枚で買うと多くの場合4,000円近くするのだが、10枚セットだと割引があり、1枚あたり3,000円程度にまでなる。これはありがたい。

まとめ買いで安く済ませたい人、24時間着用したい人、あるいは、それくらい締め付け感がきつくなく着心地が良いものを試したい人にはおすすめできるのがMUSCLE PRESS(マッスルプレス)

※↓詳細はこちらで確認してください↓

筋力サポート加圧シャツ【MUSCLE PRESS(マッスルプレス)】

■ULTRA SIX(ウルトラシックス)

※管理人イチオシ!!


筋肉加圧シャツ【ULTRA SIX(ウルトラシックス)】

【特徴】

管理人がいちおしする加圧シャツがこれ!ウルトラシックス(ULTRA SIX)だ!

他の加圧シャツ同様、上半身への加圧・ウエスト引き締め効果・体幹トレーニング効果・リンパマッサージ効果・姿勢矯正効果などの効果、効能をうたっている。

当然、素材に「スパンテックス」を使用している点も他の加圧シャツと同じだ。

ただし、商品説明のページを見てもらえばわかるが、人体工学に基づいた「筋線流沿縫製」を採用しているとのことで、より強力な加圧が実現できたのだとか。

うん、たしかに効いてる。

日常の動きでも十分に筋肉に負荷がかかる感じ。意識的に動かせばハードなトレーニングや筋トレをやりこまずとも、それなりの効果が期待できる一品だ。

もちろん、さっきも言った通り「着るだけで・・・」という考えはおすすめできないし、そもそも僕自身はある程度(それでもかなりズボラだが)体を意識的に動かしているので、このウルトラシックスのパワーのみを正確に測ることはできない。

ただし、単なるアンダーウェア(下着・肌着)を着用していたときよりは確実に体への負荷は感じる。

他の人の商品レビューを見たが、「着ているだけで筋肉痛になった」というようなコメントもあった。

「そんなバカな!」と思いつつ、半分は「なる人もいるかもな。。」と思わされた。

マッスルプレスは加圧力もさほどではなく、就寝中の着用もできるが、ウルトラシックスは就寝中の着用はおすすめできない。ちょっときつめで寝苦しい感じになってしまう。それくらい筋肉に沿ってガッチリ絞めてくれている感じなのだ。

夏に向けて筋肉質な細マッチョボディーをつくりたいと考えている人、加圧シャツを使ってみようと思っている人、しかも、最初からガッチリ体に刺激を与えたいという人には、断然これをおすすめする!

ウルトラシックスを日中用、マッスルプレスを就寝時用で併用するのが、ベストチョイスかな。

ちなみにだけど、ウルトラシックスは1枚、2,980円!

他の2つにくらべて加圧力が強いのに、一番安い。

費用対効果・コストパフォーマンスにうるさい人も十分満足する一品だろうと思うので、「いちおし」にした!

気になる方はぜひ商品の詳細を↓こちら↓で確認してほしい。

筋肉加圧シャツ【ULTRA SIX(ウルトラシックス)】

※かなりの人気商品なので現在は購入予約が必要なようです!欲しい人は早めに予約しよう。夏に間に合わなくなるよ!!

ボディーメイクができてきたら、内面磨きも忘れずに!

真にモテる男子は外見も内面もイケメンだ!

真にモテる細マッチョ男子になるためのパーフェクトガイド、メルマガ講座を無料で開講中!

サイトでは赤裸々に書くことができない裏情報や管理人グッチがどうやって「脱ガリ」したのか、ホントのほんとのところはメルマガ講座受講生だけにこっそりお教えしたい。

ぜひ、無料メルマガ講座にふだんお使いのメールアドレスをご登録ください。

スポンサーリンク