【ガリガリ男子あるある】似合う服がない・骨ばっていて痛い!

私は170㎝、50㎏の痩せ体型です。それゆえ辛い経験もたくさんしてきました。

まず、夏のシャツがどれを着ても似合いません。小柄なのでSサイズを買うのですが、ぶかぶかで本当にカッコ悪いのです。メーカーによってはSサイズよりも下のXSの展開があるところもありますが、男性の場合Sが最小のところがほとんどです。

女性ものを買おうと思ったのですが、女性ものの場合、ウエストのところが絞ってある感じのフォルムになっていたりするので、男子が着ると大変カッコ悪いのです。というより、気持ち悪い。どうしようもありません。

ガリガリ体型で困ったことの2つ目は、長時間座っているとお尻の骨がイスに当たってすごく痛くなり座っていられなくなってしまうことです。周りの人に聞いてみると、腰は痛くなるけどお尻の骨が痛くはならないらしいのです。自分はお尻の肉もほとんどないためお尻にある骨が肉のクッションがなく、直接あたる感じになってしまうんです。

だから仕事で長時間イスに座ることが大変苦痛で、1時間くらいでちょっと立って休憩を挟まないと座っていられません。周りからは落ち着きがない人だと思われているかもしれませんね。

ガリガリ体型で損していることの3つ目は、姪っ子を抱っこする時に感じます。4歳になる姪っ子をよく抱っこするのですが、自分が抱っこすると体の骨がごつごつして痛いらしく、あまり抱っこさせてくれません。

本当にかわいい姪っ子なのでどんどん抱っこしてあげたいのに、逃げられてしまうんです。よく一緒には遊ぶんですが、抱っこできないのは非常に残念です。

このように痩せ体型は生活上で結構支障が出てきます。これではいけないだろうとダイエットの逆、「デブエット」を試して体重増加を試みました。

まず1日の食事を6回に増やしました。毎朝、朝食をとってお昼までの間に一食。ランチをとって夜までの間にまた一食。夜ご飯の後、寝る前にもう一食。合計6回です。

一見すると体重も増えそうですが、痩せ型である所以でしょうか、自分は小食なので、食事回数が増えても、結局すぐおなか一杯になってしまいます。だから、1回にとる食事の量が減ってしまうんです。つまり3回の時と量的にほぼ変わりません。1か月くらいやりましたが、ほとんど効果はありませんでした。

さらに、プロテインを寝る前に飲むということもしました。パウダー状のプロテインを牛乳で割ったものです。カロリー的にはけっこうあるはずですが、効果はほとんどありませんでした。それよりもお腹が冷えて下痢気味になることがよくあり、これもすぐにやめてしまいました。

私の「デブエット」は完全に失敗です。

もう自分は太ることはできないと諦めかけています。太って生活習慣病になるよりはいいんじゃないか、と自分に言い聞かせ、痩せ型の自分を受け入れることにしました。

(32歳・男性・会社員)

【あわせて読みたいおすすめ記事】

【悲劇】ガリガリ男子が海水浴中に初対面の女子から受けた衝撃の行動

「ガイコツ」と呼ばれたガリガリ男子の僕が人気のモデル体型ハーフ顔女子に告白した結果・・・

スポンサーリンク