太りたいガリガリ男子が健康的に太る方法【基本→応用:太るためのゴールデンルール】

■無料メルマガ講座

太りたいガリガリ男子が細マッチョ男子になった方法

全ガリガリ男子細マッチョ男子化計画

■ガリガリ男子よ、細マッチョになれ!(はじめに)

太りたい」「食べてるのに太れない」「ガリガリでキモい

あなたはこんな風に思ったことがあるだろうか。

ダイエットに勤しむメタボ男子からすれば「食べているのに太れない」なんて、きっとうらやましいとさえ思われるのだろう。しかし、事実、世の中には、痩せすぎの体が嫌で嫌で、なんとかして太りたいと願う男子が一定数いるのだ。メタボ男子が切実に痩せたいと思うのと同様に。

そんなガリガリ男子が細い腕や足、浮き出た肋骨で恥ずかしい思いをこれ以上しないためにも、健康的に太る方法を実体験もふまえながら記していきたい。僕自身がガリだったから「太りたい」という気持ちは痛いほど分かっているつもりだ。だから、ガリガリ男子だった僕が太るために実践した方法が、痩せすぎの体に悩んでいるあなたの役に立つのなら、ぜひ役立てて頂きたい。

※関連記事

ガリガリ男子だった僕がなぜ細マッチョになったのか【管理人自己紹介】

ガリガリ男子が太る上で、一番のポイントは何と言っても「健康的」に太るというところにある。だって、見た目だけガリの状態を脱したとしても、中身がボロボロで、病気にでもなってしまったら元も子もない。健康的に太ることで、今のガリガリの状態以上にアクティブに動ける体を手にしなければ、何のために辛い思いをして太るのか分からなくなる。

そう、ガリガリ男子が太るのは「ツライ」作業なのだ。

もちろん、なるべく苦しさを減らし、成果が出やすくなるよう、僕の経験や知識を総動員して、太るための方法を余すところなく書いていくつもりだ。それでも、やっぱり今とは違う自分を手に入れるのだから、ある程度の努力は必要だ。

でも、「ツライ」努力が必要な「太る」という作業は、他でもない自分自身の体のことで、自分自身を理想の状態にしていくことなのだ。それは自分自身を知っていくことでもある。だから、決して辛いだけの作業ではない。きっと、理想に近づいていく自分の変化に喜びを感じられることだろう。

なぜなら、健康的に太ることができたその先には、単なる見た目の印象の変化があるだけではないからだ。外見の変化は当然、内面を磨くことにもつながる。だから、きっと心も男前な男子になれるだろう。いや、僕は、世のガリガリ男子には、ぜひともその状態を目指してほしい。

ガリガリ男子が健康的に太り、仕事もデキる、女子にもモテる、心も男前で筋肉質な男子になる。そう、いうなれば「デキる細マッチョモテ男子」だ。

では、前置きが長くなったが、「太りたい」と本気で願うガリガリ男子が健康的に太り、「デキる細マッチョモテ男子」になるための方法を整理していこう。

※関連記事

ガリガリ男子が細マッチョになるべき理由とは

■太るための方程式

ガリガリ男子だけでなく、メタボ男子だろうがダイエット女子だろうが、人の体重が増えるときのはっきりとした方程式が存在する。

その太るための方程式とは…

摂取カロリー>消費カロリー

である。

方程式

当然のことと思われてしまうかもしれないが、実際、体重のコントロールができない人は、「消費カロリー」よりも「摂取カロリー」が多いことで体重が増えるというシンプルな事実を理解できていない場合が多い。毎日口にしている食事のカロリーなんて、よほど意識している人でない限り、いちいち考えもしないからだ。

しかし、とてもシンプルな方程式だが、シンプルだからこそまずこの方程式にそった行動をしなければ意味がないのだ。どんなに良い方法論を試したとしても、この方程式が成り立っていなければ、あなたが太ることは決してないのだ。

太りたい、本気で体重を増やしたいとあなたが思っているのなら、まずは自分が毎日の食事でいったいどれだけのカロリーを取れているのかを知ることから始めよう。また、同様に、どのくらいのカロリーを1日で消費しているのかを知ろう。

※関連記事

ガリガリ男子が健康的に太るために知っておくべき3つの数値

※関連カテゴリー

「ガリガリ男子が太るための食事」

ガリガリ男子の食生活は「摂取カロリー<消費カロリー」になっていることが多いだろう。極端に食べている量が少ないという人はいないかもしれないが、それでも、太るためにはこれまで以上に食事の量や質をこだわる必要があるはずだ。
だから、まずは自分の食生活の見直しから始める必要があるのだ。

■毎日の食事を見直す

栄養バランスを意識せよ

では、摂取カロリーを増やすにはどうすれば良いのか。実に単純な話である。摂取カロリーを増やすには、食べる量を増やすのが最もかんたんな方法だ。

もちろん、少量で高カロリーなものや栄養価の高いものは探せばいくらでも出てくる。たとえば、メタボ男子、ふくよか女子の好物に上げられそうな、コーラ、ポテチ、ケーキなども高カロリーな食べ物だ。でも、いくら太りたいからといって、それらをじゃんじゃん食べていたらどうなるか。それで太れたとしても、決して健康的な体にならないことはすぐに想像してもらえるだろう。

理由は単純。栄養が偏っているからだ。偏った栄養素を取って作り上げた体はやはりどこかにゆがみが出るものだ。血管、内臓脂肪、肌、頭皮、毛根、おそらく気づかない間に、意識できないところで体は悪い方向へと行ってしまう。

だから、まずは何よりも栄養のバランスがとれた食事を心がける必要がある。

バランス良い食事

食事の量を増やせ!量がダメなら回数を増やせ!

栄養バランスを考えたら、その上で毎回の食事の量を増やしていこう。太るためには食べる(これまで以上に食べる・消費する以上に食べる)というのが最もかんたんな、でも、一番重要な答えなのである。

もちろん、ガリガリ男子の中には周囲の同年代の男子にくらべて少食だという人もいる。僕自身も、自分ではおなか一杯食べているつもりでいたけれど、友人知人はそれこそ丼ぶりで飯を食っている人もごく普通にいてビックリしたことがある。

あなたがもしも僕と同じように、「丼ぶりで米食ってるの!?」「しかも、おかわりもしてるの!?」と同年代の男子の食生活にビビってしまう少食な人ならば、はじめから無理をする必要はない。一度にたくさん食べられなければ、食べる(食事の)回数を増やせば良いだけだ。

ただし、1日3食食べていてふつうに生活していた人が急に同じ量の食事を1食か2食増やすとなると、それもまた苦しい。あまりお腹がすいていない状態で次の食事の時間がきてしまうなんてこともあるだろう。そんな人は、やはりはじめから無理をせず、ホントに軽いものを食べれば良いのだ。次の食事に負担にならない程度に、しかし、空腹感やエネルギー切れ感を起こさないように胃を刺激するのだ。

※関連記事

ガリガリ男子が太るためにプロテインは本当に必要なのか

■内面を磨く①-たくさん食べても吸収率が悪ければ太れない

太りたいけど太れない理由

さて、ガリガリ男子が太るための最もシンプルな方法は「食べる」というなのだが、ここで少し太れない理由を整理しておきたい。

すでに食事の量や回数を増やして、消費カロリーよりも摂取カロリーを増やしているガリガリ男子の人もいると思う。が、成果はどうだろう。食べているのに太れないということになっていないだろうか。もしくは、もともとご飯はたくさん食べる方だけど、ずっと痩せ体型だったという人もいるだろう。いわゆる「痩せの大食い」というやつだ。

あなたが、食事は標準的かそれ以上に食べている男子、または、「痩せの大食い」男子ならば、あなたに「食事の量を増やそう」と言ってもまったく意味がない。でも、せっかく食べたご飯がきちんと自分の体となって、体重を増加させることにつながっていないのだとしたら、その原因は知っておく必要がある。

太りたいのに太れない理由の多くは、摂取カロリーが少ないこと(少食)だ。それはそもそも胃が弱いとか小さいという体つきが原因となっていることもある。逆に、食が細いことで胃が小さくなって、ますます少食になっていくというケースもある。

それ以上に注意しておかなければいけないのは胃下垂だ。

胃下垂に要注意!

胃下垂とは、胃が正常な位置よりも下の垂れさがった状態になることをいう。原因は身体的な理由、心理的な理由などさまざまあるが、腹部の筋肉や脂肪が少なく胃を支えることができなくなっているのだ。

おなか

胃下垂になると、胃のぜん動運動が正常に行われず、十分に栄養の消化吸収ができなくなる。だから、食べているのに太らないという状態になるのだ。メタボ男子やダイエット女子からすればうらやましい話かもしれない。しかし、胃下垂は太らないための魔法でもなんでもない。単に体が正常な状態ではないのだ。それにより、健康を壊して余計に太れない体をつくることになる。

だから、あなたが仮に胃下垂だと医師の診断を受けているのなら、適切な治療を受けよう。まぁ心理的な要因や他の病気が原因ではないならば、生活習慣や筋トレで十分に解決することも多い。特に、筋トレは積極的に行おう。もともと胃下垂の人は腹部の筋力不足の場合も多いのだ。さらに、筋トレをして筋力を増やせば、耐ストレス性も高まり心理的な原因にも良い影響をもたらすだろう。

さらに、胃下垂の人も、また、胃下垂ではなくても胃腸が弱い人は積極的に摂取すべき栄養素がある。それが酵素だ。

ガリガリ男子に必須の栄養素=酵素を摂取せよ!

胃の状態ももちろんだが、正常な消化吸収、さらには健康的な生活にとっては、腸の働きもなくてはならない。

腸は分解された栄養素を直接吸収する器官である。さらに、免疫機能にとっても重要な部分なのだ。体調が悪いときには、同時におなかを壊す、あるいは、おなかの調子が悪いと何となく体調不良になるという人もいるだろう。体調とおなかの調子は表裏一体。それは、まさに腸が免疫機能にとって重要な働きをしていることの証拠である。

腸の調子を整え、正常な消化吸収、さらには免疫機能を働かせるためには、腸内環境を正常化する必要がある。そのためになくてはならないのが酵素だ。食べているのに太らない、痩せの大食いだと思うあなたはぜひ積極的に酵素を含む食材を摂ってほしい。

(※酵素の重要性など、詳細は以下の関連ページをご覧頂きたい)

※関連記事

ガリガリ男子が太るためには酵素を摂って腸内環境を正常化せよ!

■筋トレをして筋肉を増やしながら体を大きくする

食事の量や回数を増やし、摂取カロリーを増やしても、それだけであれば脂肪が増えるだけ。ガリガリ男子の場合は、腕や足に脂肪がつく前に内臓に脂肪が蓄積され、かくれ肥満になるのがオチだ。いわゆる「ぽっこりおなか」の完成だ。せっかくガリガリな体を脱しようとしているのに、変な太り方をすれば、余計に見た目の印象も悪くなるにちがいない。

gaki

だから、健康的に太るというのは、適切に筋肉量を増やしながら体重を増やすことなのだ。

このサイトではガリガリ男子が細マッチョモテ男子になることが理想の在り方だから、筋トレは重要な太る方法のひとつである。

ただし、ガリガリ男子が標準的な体型の人が行う筋トレをそのままやるのはかなりキツイ場合も多い。体重が軽いとはいえ、細い腕や足では自重トレーニングであっても工夫が必要だ。筋トレは絶対に必要だけど、むやみやたらとやってはケガの原因になる。十分に気をつけ、優先順位をつけて着実に実践していきたい。

※関連記事

ガリガリ男子が太るために筋トレが必須なわけ

ガリガリ男子が細マッチョモテ男子になるための筋トレメニュー

日常的な動きを筋トレに変える裏技―筋トレ3日坊主くんにおすすめのツール

■太るまでには時間がかかることを覚悟せよ!

無理な増量はするな!中長期的な計画で健康に太るべし!

食事の量や回数を増やしても、胃の容量は急には変わらない。それにめげずに徐々にでも着実に食べる量や回数を増やしていかなければ太ることはできない。プロレスラーや力士のように「食べるのも仕事」という意識でのぞむことが大切だ。

しかし、そうはいっても、無理矢理たくさんの量のご飯を食べて、体の調子が悪くなってはまったく意味がない。だから、徐々に胃の容量を大きくし、かつ、消化吸収の力を上げていくのが理想的な太り方だ。

何かのイベントまでに太りたい、旅行先の大浴場で服を脱ぐのが恥ずかしいからそれまでに太りたい、あなたはそんな風に思っているかもしれない。

もちろん、無理をすればわずかな期間で劇的に体重を増やすことはできるかもしれないが、それを実行するのであれば、その代償も十分に考えた上でどちらかを選択するべきだ。無理矢理食べて急激に激太りすれば必ず身体に負担がかかる。仮に短期的に体重が急増しても、そうした無理は続かないといっていいだろう。激しいリバウンドにあう可能性も高いのだ。

メタボ男子が急激なダイエットに一旦は成功したように見えても、リバウンドすることが多いのは、やはり無理な方法論で実行しているからだ。デブエットしようとするガリガリ男子にもまったく同じことがいえるのだ。急激な変化に体も心もついて行かず、結局は元の状態に戻ろうとさえしてしまうのだ。

筋トレの効果も同様に、すぐにやり始めたとして、筋肉痛を感じる日々を送っていても、目に見えて成果を感じられるのは早くても1ヶ月程度はかかるものだ。正しいやり方で、正しく継続しても、理想的な状態になるには半年から1年は覚悟してほしい。

ガリガリ男子が理想的な形で太るというのは、つまりそういうことだ。中長期的な計画で、じっくり自分の体に向き合うことが最重要ポイントだと言っても良い。

カレンダー

太ることで変わるのは体の見た目だけではない

中長期的にじっくりと自分の体の健康を考えようとする意識をもって、太るための方法を実践していくことが大事だ。そのようにして太ることで得られるものは、単に理想の体重だけではない。強いメンタルも手にすることができるのだ。

ビジネスマン メンタル

筋肉をつけ、中長期的な目標を負う姿勢は、ストレス耐性や目標に対するストイックさといった心理的な強さも養うことにつながる。さらに、筋トレによって分泌される男性ホルモン(テストステロン)が知らず知らずのうちに、あなたをデキる・モテる男に変えていくのだ。

※関連

見た目の変化だけではない!筋肉が増えることで得られるメリットとは

理想的な筋肉を成長させられれば、あなたはもうデキる男の代名詞、細マッチョモテ男子になるのだ。そんな理想的な体型を手に入れた日々の生活をしっかりと、はっきりとイメージしてほしい。それが、太りたいと切に願うガリガリ男子が細マッチョ男子になるための最初の一歩になる。

■内面を磨く②―食生活の変更・筋トレを継続させるためのマインド

さて、ここまでで食事や筋トレ、腸内環境や中長期的な計画など、ガリガリ男子が太るための方法についてポイントを整理してきた。これらすべてを実践するとなると、人によっては「ツラい」「苦しい」日々を過ごすことになる。「思うように成果がでてこない」という厳しい現実を前に、それでもめげずにやり続けること、これがはっきりとした成果を出す上では何より大切なことだ。

今までよりもたくさん食事をする。

今までほとんどしてこなかった筋トレをする。

しかも、それらはすぐには成果が感じられない。

挫折感を味わうには十分な条件がそろっている。

それでも続けなければいけない。

太りたいのであれば。

だから、ついトレーニングをサボってしまいそうになったら、なかなか出ない成果にやきもきしてついつい投げ出しそうになったら、その時にぜひやってほしいことがある。

理想の自分をはっきりとイメージするべし!

ガリガリ男子が太るために必要なトレーニングを継続するためにやってほしいこと。トレーニングをはじめる前に、そして、ついくじけそうになったときに、ぜひやってほしいこと。それは、体重を増やし、理想的な体型になったときのことを強く、具体的にイメージしてみることだ。

ガリガリのせいできれいに着こなせなかった服を着てみるのも良いだろう。

ガリガリで体力や気力がついていかず諦めていたスポーツにチャレンジしても良いだろう。

もうガリガリだった頃の何となく自信が持てない自分ではないのだ。

ガリガリのせいで他人の視線が気になっていたけど、今はもうその視線さえうれしいくらいだ。「どうぞ、俺の自慢の体を見てくれ」と。

そんな未来の自分を強く、強くイメージしてほしい。

「理想の自分になれた」と、すでに実現したこととして過去形で思い描くのだ。

強く思い描いたことは無意識のうちに、脳がそれを実現しようとするのだ。ついトレーニングを投げ出しそうになった時でも、無意識に目標に向かえる自分がいればこんなに心強いことはないだろう。

自己満と言われようが何だろうが構う必要はない。心の内は誰にも見られないのだから。思う存分理想的な体になった自分をイメージして、その時に今まで気にしていたこと、諦めていたことを、思う存分やっている自分を想像しよう。

それが中長期的に取り組むべきトレーニングを続ける原動力になるのだ。

※関連記事

ガリガリ男子が太るためのマインド

■ガリガリ男子が太るためのゴールデンルール(まとめ)

本記事の内容を「ガリガリ男子が太るためのゴールデンルール」としてまとめておこう。

【ガリガリ男子が太るためのゴールデンルール】

①食事の見直し(量・質・回数)

②腸内環境を正常化し、栄養の吸収率を上げる

③筋トレをして細い腕や足を太くする・浮き出た肋骨(アバラ)に筋肉で覆う

④すぐに太りたいという気持ちを抑え、中長期的な計画で健康的に太る

⑤デキる・モテる理想的な細マッチョ男子になるためのマインドを磨く

このページは、ガリガリ男子が太るための方法、さらには、理想的な仕事がデキる、女子にもモテる細マッチョ男子になるために必要なポイントを整理したものだ。それぞれの項目に関連する記事のリンクをはっておいたので、各々の項目でより詳細な情報がほしい方はぜひ開いて頂きたい。

※メルマガ登録はこちらから

さらに、最後に一つだけ追加情報を。

最短最速で成果を得るために、また、爆発的に成果を最大化するための方法を6個目のゴールデンルールとして付け足すことができる。

その6つ目のルールとはツールやサプリメントの使用」である。

例えば、スポーツジムやプロテインなどだ。筋トレと言えばジムやプロテインがセットで語られることが多い。しかし、僕はあえてそれらは最後の最後に、しかも付け足しとして記しておくことにする。

もちろん、人の手を借りて、道具の力を使って成果を出すのは悪いことではない。いや、むしろ非常に真っ当なやり方でさえある。でも、まずは自分でできる事を自分でやり始めることが重要だと僕は思う。ガリガリ男子が自分の体に対して「恥ずかしい」とか「見苦しい」とかネガティブな感情ではなく向き合い、苦手な筋トレをやり始め、食事に気を使い始める。そのことに重要な意味があるのだ。そのマインドができあがってはじめて、ジムやサプリなどのツールを使うべきなのだ。その時にはじめてそのツールは最大の力を発揮し、あなたの努力を最大限後押ししてくれるものになるだろう。

あなたがもしガリガリ男子で、その痩せすぎの体を変えたいと思ったことがあるのなら、ぜひこれをきっかけにしてトレーニングをはじめてほしい。

そして、一緒に、健康的なデキる・モテる細マッチョ男子になりましょう!

※まずはここから!
関連記事:ガリガリ男子が細マッチョになるべき理由とは・・・