ガリガリ男子が太るために筋トレが必須なわけ

「太りたい」と願うガリガリ男子にとって、「太る」というのは単に体重の数字が増えることではないだろう。嫌でたまらない細い腕、足を太くしたい。旅先の大浴場で服を脱ぐとき最高に恥ずかしい思いをする、浮き出た肋骨(アバラ)を何とかしたい。ガリガリ男子の願いはそこにあるはずだ。もっといえば、ぜい肉・脂肪だらけのわがままボディーになりたいわけでもないはずだ。僕自身がそうだったように。

つまり、ガリガリ男子は今のシャープなボディラインは維持したまま、二回り程度体を大きくするのが理想なのではないか。あわよくば風呂場で服を脱いだ時、「細いね」ではなく、「良い体してるね」と言われるような細マッチョボディーになりたいのだ。

少なくとも僕はそうだった。あなたはどうだろうか。

だから、ガリガリ男子が太る方法の中に、筋トレをして、筋肉を大きく・太くすることで体重を増やすことが欠かせないのだ。しかも、太るために筋トレをするのは、単に見た目が良くなるというだけの話ではない。適度に筋肉質な体をつくりながら体重を増やすことは、正しい健康的な太り方なのだ。

全ガリガリ男子細マッチョ男子化計画

■健康的に太るための3つの要素

健康的に過ごすために必須のことは、バランスの取れた栄養(食事)・運動・睡眠(休息)である。これは体の健康も心(精神)の健康もまったく同じだ。もちろん、筋トレをして、効果的に筋肉をつけるために必要な要素でもある。すべて健康的な心身のあり方という点で共通している。

だから、ガリガリ男子が健康的に太るためには、様々な方法を試す前に、やはり、まずは健康的な生活習慣を見直していくことが大事なのだ。筋トレをしたり、食事を増やすのは必要なことだが、その効果がきちんと現われるように生活全般を見直しておかなければ、それぞれ個々の要素のトレーニングが無駄になる可能性がある。一見遠回りのように感じても、特にガリガリ男子が健康的に太るためには、これが正解だ。

■体調が悪くなる・病気になる原因

では、まず健康ではなくなる、つまり体調不良や病気の原因について整理しておこう。

もちろん健康を損なう要因は様々あるが、循環が悪くなる(代謝低下)こと、冷え(低体温)、などがあげられる。さらに、これらは密接に関連しているのだ。冷えは代謝を低下させ、血の巡り(循環)が悪い人ほど低体温の場合が多い。冷え性に苦しむ人は、たいていは循環が悪い。

循環(血流)が悪いと病気の一歩手前

血流が悪くなると、様々な症状が出てくる。放置すればはっきりとした循環器系の病気の原因ともなるので注意が必要だ。

人間は血液の循環によって、栄養分や酸素を体中に運んでいる。逆に、老廃物や二酸化炭素を運ぶ役割が血流にはある。つまり、血流が悪くなると、生命活動に必要な栄養や酸素が体中に正常に届かず、さらに、不要になった老廃物も回収できないということになるのだ。よって、血流が悪くなると以下のような症状が出るといわれている。

【血流が悪いことで起こる主な症状】

疲労 冷え 皮膚の異常(かゆみ・変色・乾燥など) 食欲減退 便秘 しびれ 痙攣

など

こうした症状がすでに出ているという人は、自分の血流が悪くなっているかもしれない。すぐにでも食事や運動面を中心に生活習慣を見直して改善すべきだ。

では、血流を悪化させる原因は何か。

循環器系(心臓や血管など)の病気を患っている、あるいは、その疑いがある場合は医療機関で適切な治療を受けて頂きたい。そうではないという人は、主に、食事面と運動面に血流が悪くなるようなことがないか、自分の生活習慣を見直してほしい。

【血流が悪くなる原因】

①食事(栄養)の偏り-主に脂肪分・糖分の過剰摂取、鉄分・水分の不足

②運動不足・筋力不足

やはり、ガリガリ男子が健康的に太るのであれば、適切に運動や筋トレをして、筋力の増強をするべきなのだ。それは循環(血流)を良くするという、健康的な体の維持にとって重要な要素に運動や筋力があるからでもある。さらには、食事・栄養の偏りも循環(血流)を悪化させる原因となる。

まずはどんな生活をしているのか、改めて自分で意識することが何よりも重要だろう。

冷えが病気の原因にもなる

何となく体調が良くない、慢性的な疲れがある、頭痛やめまいなどがある。病院に行ってみたけど、風邪とか疲労、しまいには気のせいなどと言われてしまい診断がつかないことがある。本人はたいへんツラい状態で、細々と症状はあるのに。

そうした、西洋医学的に診断がつかない体調不良の状態を、東洋(漢方)医学では未病と言うそうだ。養命酒のCMで聞いたことがあるという人もいるだろうか。これらの未病状態は、まさに循環の悪化によって起こるもので、その原因が冷え(低体温)だという人もいる。女性に冷え性が多いのは、男性に比べて筋肉量が少ないからとも言われている。だから、筋肉量の少ないガリガリ男子も自分が未病になりやすい体だということを自覚しておいた方が良いのだ。

循環の悪化や、冷え・低体温によって、基礎代謝力が下がってしまっている体では、食事や運動、睡眠の質も低下してしまう。だからこそ、基礎代謝を上げ、体温を高く保ち、循環を良くする必要があるのだ。これは健康的な体を維持するためのポイントだから、太りたい人も痩せたい人も、どちらでもない人でも、万人に共通のことだ。何も太りたいガリガリ男子が太るためだけに必要なことというわけではない。ただし、ガリガリ男子の中には、そもそも虚弱体質という人もいるので、ごくふつうの体つきの人以上に注意が必要になる場合も多いのだ。

■基礎代謝を上げ、体温を高く保ち、健康的でいるためには筋トレが必須

健康のために必要な要素は、基礎代謝を上げること、体温を高く保つこと、循環を良くすること、だった。そして、これらはすべて筋トレによって得られる効果と同じなのである。

くり返しになるが、筋トレは単に筋肉を見せつけるためにやることではない。もちろん、鍛えた体は自慢げに人目にさらしたいかもしれない。その気持ちも分かる。自己満と言われても、時に周囲の人に嫌がられても、それでも自分の体を自慢できる状態は、健康的な体を維持する動機にもなる。時に辛いトレーニングを継続していく上で、そうした喜びがあるのとないのとでは結果が大きな違う。

しかし、それは筋トレによって得られる副産物でしかない。それよりも筋トレによって筋肉質な体をつくれば、毎日の生活が変わるのだ。人生が変わるといっても過言ではない。アクティブに動ける体、正常な代謝がなされ、病気になりにくい体。それは何物にも勝る財産だ。どんなに優れた頭脳を持ち、どんなに優れた美声を持っていても、病気がちでベッドから出られない日々を送っているのでは、その才能は宝の持ち腐れ以外のなにものでもない。

だから、ガリガリ男子が健康的に太るためには、食べることと同等かそれ以上に、筋トレが必要なのだ。

※関連記事

ガリガリ男子が細マッチョになるべき理由とは

筋肉量が増えることで得られるメリットとは

■病気にならない体作り=ガリガリ男子が太るための土台作り(まとめ)

太りたいガリガリ男子が太るためには、当然食事の量を増やさなければならない。でも、高カロリーなものを大量に食べるだけでは、脂肪やぜい肉たっぷりのふくよかメタボ男子が誕生するだけだ。そのせいで、高血圧、高脂血症などなったら何のための体重増量かわからない。

だから、食事の量を増やすとともに、筋トレをして、筋肉質な細マッチョボディーを目指すべきだ!

ガリガリ男子が健康的に太るために筋トレが必須なわけ

①筋トレをして筋力が増えることで基礎代謝・体温が上がる

②循環が良くなり病気になりにくい体をつくることができる

③見た目が良い(大浴場の脱衣所でシャツを堂々を脱ぐことができる)

筋トレやジム通いは健康のためにやっている人も多いが、イメージとしてはスポーツ選手とかボディービル選手がゴリゴリに、ある意味で仕事としてやること、そんなイメージを持つ人もいるかもしれない。特にガリガリ男子の中には、自重トレーニングでさえキツイ・ツラいという人もいるだろう。何を隠そう僕自身が、腕立て10回程度でへばってしまうような状態だったのだ。

だから、健康的に太るために筋トレは欠かせないものなのだが、筋トレのやり方にも十分に注意してほしい。がむしゃらに30回×3セットなどと急に初めても、体に相当な負担になるし、心も折れやすく、3日坊主になるのが関の山だ。ガリにはガリの筋トレの仕方があるのだ。ガリガリ男子のための筋トレについては下に関連記事のリンクを貼っておいたので、興味ある方はぜひご覧頂きたい。

あなたが今日も健康的に過ごせて、なおかつ少しでも体重が増えることを心から願っています。

筋トレ効果倍増!?日常の動作が筋トレに早変わり!?

筋トレ3日坊主のあなたにおすすめする究極のツールとは!?

スポンサーリンク